Blog

Blog

2018/05/23

あなたのくせ毛タイプをチェック

  • コラム

くせ毛といっても色々なタイプがあるのをご存じでしょうか?
自分のくせ毛タイプを知ることで、ヘアケアの方法も大きく変わってきます。
自分のくせ毛のタイプをしっかり見極め、正しく対処できるようにぜひ参考にして、毎日のヘアケアに取り入れてみましょう!




❚ くせ毛の種類について

くせ毛のタイプは大きく分けて4種類あります。
それぞれ特徴や適したケア方法や合うシャンプーも変わりますので、まずは自分がどんなくせ毛の種類なのかをしっかりと把握しておきましょう!

①波状毛(はじょうもう)
波状にうねって、カールしているくせ毛のこと。
日本人に最も多いくせ毛のタイプです。
雨の日や湿気の多い日はまとまらない、髪にツヤがでないなどが特徴です。

②捻転毛(ねんてんもう)
髪が縄のようにねじれた状態のくせ毛。ねじれた部分が折れて切れやすいため、切れ毛や髪のパサつきが目立つ場合があります。

③連球毛(れんじゅもう)
髪の太さにバラツキがあり切れやすいタイプのくせ毛。
非常に珍しいタイプのくせ毛で、数珠が繋がったようにボコボコしているのが特徴です。
くせ毛の中でも特にデリケートなので、縮毛矯正やヘアカラーなど髪へ負担の掛かる事をする際は、毛が切れやすいので慎重に行わないといけません。

④縮毛(しゅくもう)
細く縮れたくせ毛。4つのくせ毛のうち、最も強いくせにあたるのがこの縮毛です。


❚ くせ毛の原因とは?

くせ毛の原因は、先天性のものと後天性のもの2種類に分けられます。
先天性とは、遺伝のことです。両親のどちらかがくせ毛だと70%の確率でくせ毛になり、両親共にくせ毛だと90%以上の確率でくせ毛になると言われています。
一方で、後天性は日々の生活習慣や環境によって起こるものとされています。これは、ヘアケアや生活習慣の改善によってクセを和らげることができます。




❚ くせ毛は4タイプ!それぞれに合ったケア方法とは

①波状毛
クセを抑えるためには、キューティクルがはがれている髪をコーティングすることが大切です!髪を洗う際に、表面をコーティングするようなトリートメント剤を使うことでクセを抑えることができます。

②捻転毛
シャンプーで頭皮の汚れをしっかり取り除くことが重要です。なぜなら、毛穴が汚れていると、生えてくる髪の毛が毛穴の老廃物を避けるため、よりねじれてしまうのです。
シャンプーはよく泡立ててから、頭皮に乗せるようにしましょう。

③連球毛
連球毛は切れやすいため、髪に余計な負荷をかけないことがとても大切です。ゴムできつくしばったり、ヘアアイロンの使用、ヘアカラーやパーマなどの施術は控えるようにしましょう。また、栄養バランスのよい食事をとり、規則正しい生活を心がけることも大切です。

④縮毛
シャンプーのし過ぎなどで髪や頭皮が乾燥すると、余計に髪が広がってしまいます。シャンプーは髪に優しい低刺激のものに変えて、洗い過ぎないように注意することが必要です。

今回ご紹介した以外にもくせ毛に対するケア方法はまだあります。また、くせを活かしたヘアスタイルもご提案させていただきますので、お気軽にご相談下さいね!

一覧へ戻る