Blog

Blog

2018/05/23

お家でできるヘアカラーを綺麗に維持させる3つのポイント

  • コラム

美容院で綺麗に染めてもらったヘアカラー。
できるだけ、綺麗な色のまま長持ちさせたいですよね。
カラーをされたお客様から「色持ちを良くする方法ってあるの?」との質問がありましたので、今回はお家でできるヘアカラーを綺麗に維持させる3つのポイントをご紹介します!




❚ 1  ヘアカラーをした当日はシャンプーを避けましょう

カラーは髪のキューティクルを開かせることによって色が入る仕組みになっており、染め終わってもキューティクルは完全に閉じきっていません。
そのため、カラー後の髪は不安定となっています。
キューティクルが閉じて、髪が安定するまで最低24時間くらいは必要になるので、お湯やシャンプーなどに髪を触れさせてしまうと再びキューティクルが開いてしまい、せっかく綺麗に染まったカラーの染料が流れてしまいます。
「夜、家に帰るだけならシャンプーしなくても良いけど、午前中やお昼にヘアカラーして最後にスタイリング剤つけてもらったらシャンプーしない訳にはいかないのでは?」といった方のために、対策としては、頭を洗うときのお湯の温度を自分の体温くらいに設定してシャンプーして下さい。
その際、シャンプーは擦りすぎずにもみこむ感じで優しくしましょう!



❚ 2  髪をしっかり保湿する

紫外線、摩擦、乾燥などにより毛髪のキューティクルが傷み、色やたんぱく質が流出しやすい状況を作らないことが必須です。
そのためにするべきことは「髪の保湿」です。
ヘアオイルやヘアミルクなどで乾いた状態からしっかりと保護しておくことがとても大切です。
特に暑い季節は紫外線が強いため、お出かけ前も必ずヘアオイルやヘアミルクをつけましょう。
髪に使える日焼け止めなどもありますので、そういうものを使えば簡単に紫外線対策をすることもできます。
また、コテやアイロンなどを使う方にもオイルで保護しておくことで熱から髪の毛を守ってくれます。

❚ 3  色味にあったカラーシャンプーを使う

アッシュ系やピンク系など特に色落ちしやすいカラー用のカラーシャンプーやカラートリートメントを使用することで、色持ちを良くすることができます。
最近のカラーシャンプーは昔からあるカラーシャンプーよりも香りや手触りがかなり良くなってます!
染めたカラーの色素が残っているうちに定期的に使用することで効果を実感することができます。


これらを普段から守っていただければ、今までよりも色持ちは確実に良くなります。
是非試してみて下さいね。

一覧へ戻る